フロントカバー裏の固定用突起折れを修理

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ ←ランキング参加中 クリックして下さると嬉しいです よろしくm(._.)m

2014年4月27日 プラリペアを使ってのフロントカバー裏の修理

最近、エンジンのノイズが大きくなったと思っていたら・・・
フロントカバーとサイドパネルの間にズレがあり、ここが振動して
エンジン音が大きくなっていた。

下から覗いてみるとフロントカバー裏の固定用突起が折れていた。
もしかしたら、去年立ちごけした時のダメージ?
Dsc03041 Dsc03040

まずは、折れた突起を外し、修理の方法を・・・・
Dsc03045 Dsc03046

インターネットで調べると、同じようなケースで使われていた「プラリペア」。
速攻、注文。
プラリペア ホワイトPK-16 1,980円
強化補修用ガラスクロス  700円
Dsc03048
箱の中には、色々小物が入っています。
Dsc03049

さて、修理方法ですがフロントカバーを外すのが最良なのでしょうが、さすがにそこまでの根性は有りません。(いや、技術と知識と設備が・・・)
そこで、下から覗き直接、プラリペアで固定することにしました。

1.最初に、折れた固定用突起物をエポキシ接着剤で固定。
Dsc03053

2.次に、強化補修用ガラスクロスを適当なサイズに裁断。

3.ガラスクロスと同じサイズに裁断したラップを用意します。

4.ラップの上にガラスクロスを重ね、粉末をかけます。
 Dsc03051

5.液をスポイトで粉の上にたらします。
 Dsc03052

6.銀翼まで駆け足・・・固定用突起物とフロントカバー部分に貼り付けます。
※失敗談・・・クリアケースを使ったら硬すぎて接着物の形状に合わせられませんでした。

7.2~6を数回繰り返します。
※ラップは取れないのでプラリペアと一体化・・・これでいいの??

Dsc03057
ちょっと醜い仕上がりですが、フロントカバーの内側なので気にしない。
言い訳・・・狭くて手が入らなかった。

※半日ほどして、ねじ止め・・・穴の位置が3ミリほどずれていた。
強引にカバーを押して位置合わせ。・・・完成!!

コメントを残す