月別アーカイブ: 2015年3月

幽玄洞・石と賢治のミュージアムへ

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ ←ランキング参加中 クリックして下さると嬉しいです よろしくm(._.)m

2015年3月27日 今日から数日は暖かく好天が続くので、
ツーリングには最適。久しぶりにタンデムでお出かけ。

一関市近くにある幽玄洞へ。
Dsc05246 Dsc05249
ここは、岩手県一関市東山町、結構見るところが有りますが・・・
周りの有名な観光名所(中尊寺、厳美渓)に隠れてチョッとマイナー?
Dsc05247 Dsc05248
受付で入場料金1,000円を払い階段を上がります。
(HPから割引券を印刷して持って行くと800円)
Dsc05252 Dsc05251
まず最初に幽玄洞展示館が有ります。
化石・幽玄洞の案内図が展示してあります。
Dsc05253 Dsc05254

Dsc05255 Dsc05256
展示館の先には、幽玄洞の入口へと続きます。
Dsc05258 Dsc05259
幽玄洞の中は、狭く急な階段が続きます。
Dsc05261 Dsc05262
鍾乳石あり、地底湖あり。
Dsc05264 Dsc05266

Dsc05267 Dsc05268
あぶくま洞・龍泉洞を経験していた背中の彼は、「あれ、もう出口?」との感想。
Dsc05269 Dsc05270
小さい鍾乳洞でしたが狭い通路・起伏のある階段良かったですよ。

近くには、宮沢賢治詩碑・猊鼻渓や宮沢賢治が技師として働いていた工場跡があります。
「石と賢治のミュージアム」へ。
ここには、宮沢賢治関連資料や化石・鉱物標本などが展示されています。
Dsc05272 Dsc05274
入館料は大人300円ですが、障がい者と付添は無料でした。有難うございます。
Dsc05275 Dsc05287
館内の案内は、職員が付き切りで説明したくれました。重ねて有難うございます。
最初に特徴にある柱が立つ廊下(ぺネタ雲の広場)の突当りに案内されました。
Dsc05280
イベント会場(嵐のホール)で15分程のDVDを鑑賞。
賢治と東北砕石工場の関わりについてレクチャー。
Dsc05283 Dsc05284
TVの下、ステージの上にさりげなく・・・
Dsc05285 Dsc05286
次に案内されたのは、宮沢賢治の資料展示室(グスコーブドリのまち展示室)。
Dsc05282 Dsc05281
ブラックライトに照らされて発光する石に感激の彼でした。
続いて、図書館「双思堂文庫」・・・利用者が少ないそうです。地元の方利用しましょう。
最後は鉱物展示室。・・・元、地学部としては懐かしい~
Dsc05277 Dsc05279
旧東北砕石工場の見学も進められたのですが辞退してしましました。
こんなに時間が係るとは・・・

※宮沢賢治というと、農学校の先生のイメージがあったのですが、
ここ東山町の東北砕石工場技師として働いていました。
愛用のカバンを持ち石灰肥料の宣伝販売をしていたそうです。
このころ、あの有名な『雨ニモマケズ』がかかれています。・・・勉強になりました。

本日の走行距離・燃費です。
Dsc05288

春の大内宿へ

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ ←ランキング参加中 クリックして下さると嬉しいです よろしくm(._.)m

2015年3月22日 今時期、日本海側への山越えはまだまだ危険。

今日は、福島県猪苗代方面へ。
<今日の行程>
国道4号線を須賀川市まで南下、国道118号線を大内宿まで。
途中の道路は乾燥面だが周りは結構雪が残っていた。
ここは、羽鳥ダムの堤上。
Dsc05220 Dsc05221

Dsc05222 Dsc05223
大内宿で見学。
Dsc05224 Dsc05225

Dsc05226 Dsc05227
大内宿からは、会津若松市・国道49号線で猪苗代湖を経由し本宮市へ。
今時期ならではの雪化粧の磐梯山。
Dsc05240 Dsc05242
猪苗代湖から見る磐梯山は霞で淡く見えている。
Dsc05244 Dsc05243
本宮市から仙台までは国道4号線、全行程一般道のみのツーリングでした。
本日の走行距離・燃費です。
Dsc05245
ピッタリ400Km!!

<大内宿の写真>
駐車場の案内板に従って、緩い登りを進むと
Dsc05239 Dsc05228
左右に茅葺き屋根の家が並び、お土産が売られていた。
Dsc05229 Dsc05230
突当りの観音堂裏の坂を上ると
Dsc05232 Dsc05232a
パンフレットに載っている写真と同じ景色が見れました。
Dsc05233 Dsc05235

Dsc05236 Dsc05237

唐桑半島へ

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ ←ランキング参加中 クリックして下さると嬉しいです よろしくm(._.)m

2015年3月16日 久々のツーリンク。

大分暖かくなってきたので、県北の海岸線沿いに北上。
気仙沼・唐桑半島まで足を延ばした。
途中、12・13度あった気温が半島に近づくと5度位低くなった。
さすがに海風は冷たい。

ここは、唐桑半島の入口・唐桑町只越にある小さな駐車場。
Dsc05126 Dsc05127

Dsc05128 Dsc05130

案内板で確認・巨釜・半造へ。
Dsc05131 Dsc05131a
巨釜近くの駐車場は閑散としていました。
Dsc05135
駐車場から階段を下ると海岸線の崖に出ます。
Dsc05132 Dsc05139
松枯れが広がっていました。
Dsc05140 Dsc05141
水取場・・・清水が湧いているらしい?
Dsc05145 Dsc05146
折石・・・パンフレットで有名な石→意外と小さい!!
Dsc05147 Dsc05148

Dsc05149 Dsc05150

Dsc05151 Dsc05152
「折石へ至る 0.2㎞」・・・行きは下、帰りの登りは意外ときつかった。
半造への遊歩道(0.5㎞)があったが、半造駐車場へ銀翼で移動。
Dsc05160 Dsc05160a
駐車場にはレストハウスがあったが営業していなかった。
レストハウスの脇に、柳田国男の文学碑。
Dsc05161 Dsc05162
案内板横のなだらかな遊歩道を下る。ここの松も大分枯れ伐採がされていた。
Dsc05163 Dsc05164
東風穴(こちあな)の看板。
Dsc05165 Dsc05166
トド岩・・・どれかな?
Dsc05167 Dsc05168

Dsc05169 Dsc05170
海岸線は岩場で、遊歩道も起伏がきつい。
Dsc05171 Dsc05172
駐車場へ戻る道は、きつかった。
足が上がらず、休み休みの登りであった。→歳を感じる・日頃の運動不足が身に染みた~
唐桑半島の突端、御崎へ。
みちなりに進むと赤い大きな鳥居、そのまま進むと御崎神社前の駐車場につきます。
Dsc05173 Dsc05173a
駐車場広場は、宮城交通のバス停がありバスが止まっていました。
まずは、神社へ参拝。
Dsc05174 Dsc05178
遊歩道入口には、伊達吉村公碑があります。
Dsc05180 Dsc05181
横の遊歩道を進むと道標、「起点まで170m・終点まで510m」。
Dsc05182 Dsc05201
道標の近くに鯨塚。
Dsc05198 Dsc05199
先に進むと御崎岬灯台か見えてきます。
Dsc05183 Dsc05195

Dsc05187 Dsc05188

Dsc05189 Dsc05190
駐車場近くに「高村光太郎の文学碑」案内板があり、行ってみた。
Dsc05202 Dsc05203
裏の説明書きが読めない・柱が朽ちて横に・・・
Dsc05204 Dsc05205
気仙沼に来た時は、必ず立ち寄る処。
ここは、復興屋台村「気仙沼横丁」。
午後3時を過ぎていたので客が居なくガラーンとしていました。
Dsc05209 Dsc05208
復興屋台村「気仙沼横丁」の近くに「気仙沼お魚いちば」が有ります。
Dsc05206 Dsc05211
鮮魚から海産物・冷凍物まで品数が豊富でリーズナブル。
Dsc05216 Dsc05213

Dsc05214 Dsc05215
今日のお土産は・・・
Dsc05218 Dsc05219
本日の走行距離・燃費です。
Dsc05217