月別アーカイブ: 2013年12月

ハンドルカバーとレバーグリップ

にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ ←ランキング参加中 クリックして下さると嬉しいです よろしくm(._.)m

2013年12月8日 仙台も最高気温が10℃を下回り寒くなりました。

ツーリングもグリップヒーターだけでは厳しくなりました。
と言うことで、手元の防寒にハンドルカバーとレバーグリップを装着。
Dsc02635 Dsc02634
ハンドルカバーは、昨年購入したリーズナブルなもの(確か1,200円?)。
レバーグリップは、700円位で購入。

これを選んだ理由。
①素材は、ポリエステル布地注:合成皮革は低温で硬くなるのでダメがお勧め。
→ナックルバイザーと競合しません。

②グリップとハンドルレバーを挿入するタイプが最良。
隙間風が入らなくグリップヒーターの効きが良くなります。
→寒い冬、こたつに入っている感じ・・・幸せを感じます。
ナックルバイザーまで包み込むタイプのカバーも試しましたが隙間風が入り最悪でした。

③ハンドル周りの操作性が良い物。
→親指付近が透明になっており、ウインカー等の操作が違和感なく出来ます。

ハンドルカバーを装着してからは、夏用のグローブを使います。
→グリップヒーターの熱が即伝わります。
この時、レバーグリップが効果を発揮してくれます。
(直接金属に触れることなくブレーキング操作ができます。)

ハンドルカバーにグリップとブレーキレバーを挿入。
Dsc02637 Dsc02638
レバーグリップをブレーキレバーにかぶせます。
この時、レバーグリップに水を含ませるとスムーズに作業が進みます。
ハンドルカバーの中はこんな感じ。
Dsc02641
左右ハンドルはこんな感じ。
Dsc02645 Dsc02646

見た目はあまり良くないが、実用優先と言う事で満足。
Dsc02644
※左側のハンドルカバーに注目。
挿入口の切れ目が上に来ている。(本来は下)→ご愛嬌?